読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タオルケット体操

サツバツいんたーねっと

スプラトゥーンでWiiUのネットワークが切れまくるのを防ぐためにやったことのまとめ

ゲーム ネットワーク

最近はウィッチャーなどに没頭していることもあって、スプラトゥーンをあまりやっていないのですが、きのこたけのこ戦争に参加するためにも色々とコンディションを整えていかないといけません。
無論、このブログを読んでくれている人たちはたけのこ派閥だとおもいます。クラッカー生地の軟弱者どもが、クッキー生地のエリートに敵うわけがないということを教えてやりましょうね。


さて、WiiUはとにかく回線が不安定です。クソです。我が家にも色々な機器がありますが、WiiUほどネットワークがぶちぶちと切れるマシンはありません。

某知恵袋なんか眺めていても、大量の「WiiUだけネットワークが落ちます」という投稿があります。
その投稿への返答でも、「私の接続はとても安定してます。100戦したけど3回くらいしか落ちたことがないですよ」というような解答がついていたりするので、つまりそういうことなんでしょう。任天堂はもうちょっと真面目にネットワークのことを考えて欲しいですね。MacbookAirを意識して有線LANを打ち切ったんだか知りませんが、だったらちょっとまともなものを作って欲しいもんです。

僕のWiiUも例によって回線落ちが酷く、回線が切れまくってワザマエが下がるようなレベルでした。かなり苦労したので、そういった中で試行錯誤した内容をとりあえずまとめておきます。
まぁそんなに特別なことはしていないので、一通り調べた人にとっては既知の内容が多いかもしれませんが。

IPの固定

とりあえず、定番のこれですね。
DHCPは定期的にIPのリースを更新するらしいのですが、その時に回線の寸断が起きるようです。その時にスプラトゥーンで対戦などをしていると、復帰に失敗して接続切れの原因になったりするようです(伝聞)。

本体側からIPを指定する方法と、MACアドレスを使ってDHCPから固定割当の設定をする方法がありますが、後者の方がルーターだけで完結するのでお手軽だとおもいます。

やりかたですが、まずWiiUからMACアドレスを調べます。

  • Wii Uの電源を入れ、Wii Uメニューが起動したら、[本体設定]を選択

  • 下のメニュー項目から[インターネット]を選択

  • [MACアドレスを見る]を選択

これで確認できます。

次にルーターの設定ページを開き、DHCPの設定から先ほどのIPアドレスに対して固定割当の設定をします。こちらに関しては、それぞれ違う製品を使っているかとおもうので各自マニュアルを調べたりするのがいいとおもいます。

電波強度の確認

www.nintendo.co.jp

以上のリンクを参考に電波強度の確認をしましょう。
ついでに電子レンジや他のbluetooth、2.4GHz帯を利用しているマシンなんかの見直しも一緒にしちゃいましょう。まぁそんなもんなくても落ちる時は落ちるんですが。

ルーターの買い替え

一番クリティカルに効いたのがこれです。金の弾丸で殴りつけろ。

以前の僕はElecom製のどうしようもない5000円くらいのルーターを使っていたわけなんですが、これがどうしようもないゴミで、発熱はする、電波は悪い、負荷がかかるとフリーズするなどのゴミでした。ググった感じ、Elecomのルーターはどれも評判が悪い地雷っぽいですね。まぁElecomの製品に安かろう悪かろう以外の何かが存在していた記憶はないですが。
金をケチってストレスをためていてもしょうがないですし、とうとう電源がつかなくなりはじめたので、これを機に高級機を購入することに決めました。

これです。

それなりのお値段するだけあって、電波強度は桁違い(ふた部屋離れてても繋がる)ですし、当然ですが負荷がかかってもフリーズしたりするようなことはないです。
ネットワークの速度も大幅に改善しました。

IPの固定をするときも、わざわざWiiUのメニューからMACアドレスを確認しなくとも、固定割当の設定ページを開くと現在接続中のマシンのMACアドレスが一覧で出てきてそれを選べばいいようになっていて、細やかな気配りが光ります。各社も見習うべき。

ゲームのためだけに2万円のルーターを買うのはオーバースペックなのでは……とおもうかもしれませんが、そもそも現代人はネットワークに繋がるマシンをいくつも所有しているわけで、そういう状況下で3000円くらいのルーターを使ってしまうと、本来の光回線の通信料を生かすことができず、逆にもったいないです。
我が家は二人暮らしですが、日常的にスマホ二台、iPad、FireTv、ノートPC2〜3台、PS4、WiiU、テレビが接続されており、それぞれがゲームをしたり、映画を観たり音楽をかけたり、などの通信をしているわけで、一昔前の基準で考えていてはいけないのではないかとおもいます。

www.nintendo.co.jp

ルーターを買う際には、上記の任天堂ページで対応を確認して、財布と相談してから購入するといいでしょう。
もちろん、これでエラーが直るかどうかは各自の現在使っているルーターに問題がある場合に限られますので、原因が別のところにある場合は治らない可能性だってあります。WiiUのためだけに買い替えをするのはリスキーなのでよくよく検討した方が良いでしょう。
自分のWiiUをネカフェなんかに持ち込んで通信の状態を比較してみる……などのテストを通じて大雑把ですが問題の切り分けができる場合もあるでしょう。

(auひかりの場合)二重ルーターに注意する

auひかり(他の会社は知りません)は、諸々の制限によってお布施なしでは無線も使わないAtermのくそルーター兼HGを使うことがほぼ必須のような状況になっています。
もしも自分で無線のルーターを購入した場合は、二重ルーターにならないように気をつけましょう。詳しいところはマニュアルを読めば乗っていますが、とりあえずはAPモード(アクセスポイントモード)にすれば大丈夫だとおぼえておきましょう。

なお、せっかくいいものを買ったんだからダイナミックQoSとかを有効にしたいぜ! というような方はDMZを作ってその中でネットワークを運用するというような手段が使えなくもないですが、自己責任で。

二重ルーターになっていても、基本的には致命的な問題が起きるようなことは少ないはず(速度が遅くなるくらい)なんですが、WiiUは別で。
回線が切れまくるのをはじめとして、ブラウザ閲覧などには問題はないけどもスプラトゥーンのゲーム内にはログインできない……などの怪現象でまともにゲームができなくなるので気をつけましょう。

有線化

実は現状、有線では接続していません。理由としては、ルーターとWiiUが別の部屋に設置してあるからです。
長いケーブルを使えば解決するんですが、家の景観を損ねるなどの理由で検討中です。

BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み) LUA3-U2-ATX

BUFFALO 10/100M USB2.0用 LANアダプタ (Wii、Wii U、MacBookAir動作確認済み) LUA3-U2-ATX

ルーターの再起動

理由はちゃんと調査していませんが、なぜかWiiUだけ不安定になり、酷いときはそもそもネットワークに繋がらなくなることが一ヶ月に一度ほどあります。そういう時はルーターを再起動してしまうとよくなります。「よくわかんないけど再起動したらなおった。」
エンジニア失格っぽい風格が出てしまうのでちゃんと調べたいんですが、仕事から帰ってきて家についてまでデバッグ作業の延長みたいなことしたくねーよという気持ちが邪魔をして安易な解決策に走ってしまいます。ラスマス流に定期的に再起動するcronでも作るといいと思います。

まとめ

上記の対策をすることで、格段に安定性が増しました。体感ですが。

とはいえ、通信エラーはゼロにはなりません。そもそも色々な地域の色々な人が接続していますので、相手方のエラーもありますし、サーバが不安定担っている可能性だってあります。頑張ればまだまだ対策はあるのかもしれませんが、キリがないし、お金もかかりますのでとりあえずIP固定をはじめとしたネットワーク設定の見直しからはじめてみるのがいいかもしれませんね。

コンシューマーゲームは忍耐だ! こちらからは以上です。