読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

タオルケット体操

サツバツいんたーねっと

IT健保は寿司だけじゃない 例えばワインとかワインとか

お酒 プログラミング 食べ物

エンゲル係数高めエンジニアです。

IT健保こと関東ITソフトウェア健康組合といえば、なんといっても寿司屋の一新です。銀座にあるかねさかの系列点だとかで色々なブログだとかに取り上げられております。
実際うまいです。

だがしかし、寿司だけがIT健保の施設だけじゃないと強く言いたい、主張したい。
実はIT健保のレストランは、お寿司以外にも和食・イタリアン・中華が揃っているんですよ。そしてそれぞれが季節ごとにイベントをやっていたりするんです。

というわけで今回はその中でもイタリアンのアル・ファーロがやっているワイン講習会をピックアップしたい。

f:id:hachibeechan:20150211002625j:plain

ワイン講習会とは名前そのままで、アル・ファーロにいるソムリエがワインについて色々と教えてくれる会です。

ステップアップコースと探求コースがあり、ステップアップコースは各会、産地ごとのワインを集めて気候風土や歴史、そこから生まれるワインの性質について一通り講習したあと、実際にテイスティングします。
探求コースはまだ出たことがないのですが、毎回違った切り口から料理とワインを楽しむ会となっているようですね。

前回はフランスのワインについて教えていただきました。
スパークリング、白、赤、赤、貴腐ワインの5種類を試すことが出来ました。毎回、その産地を代表するような味のワインを5種類チョイスしてきてくれるようです。

実際のテイスティングのときには、ソムリエの方が何人か会場にいてくれるので「ボディ感ってぶっちゃけなんのことなんすかwwwww」みたいな初心者感のある質問を投げたりできます。
ワインの表現についても教えてくれるので、よくある「果実味に富んだ華やかなワインですね」「柑橘のような香りが」「後味に少し鉛筆のような」「プラムの新芽を感じさせる青い香り」みたいな解説をしてくれるので、僕らは一緒に飲んでワインの味からそれらを探し出すわけです。全部感じ取るのはちょっと難しいものも多いのですが、雑な飲み方では素通りしてしまうような味や香りに気が付くことが出来て大変有意義な会でしたよ。

それと何よりも楽しいのは会の最後にテイスティングしたワインの値段を教えてもらえることで「やっぱりな、これが一番高いとおもったわー一番美味しかったわー」みたいなことを言ってドヤ顔をしたりしなかったりできます。

そしていくつかの料理が出てくるわけですが、これがまためっぽう美味しい。

これが前菜ですね。パテとワインの相性の良さは異常。

f:id:hachibeechan:20150211153103j:plain

リゾットが出たんですけども、写真を撮り忘れました。
そしてステーキ。やはり赤ワインはお肉です。

f:id:hachibeechan:20150211002717j:plain

そしてデザート。貴腐ワインと一緒に頂きます。

f:id:hachibeechan:20150211002753j:plain

とまぁこんな感じです。

アル・ファーロはイタリアンなのですが、このステップアップコースをするにあたっては該当する各国の料理に寄せたものを出してくれるようで、今回の料理もそことなくフレンチ風でした。
とりあえずうまい。どうでもいいですが、IT健保のレストランは料理の写真が下手すぎて公式HPをみてもまったく食指が動かないあたりがもったいないというか、そのおかげで競争率が減ってくれて嬉しいですね。


とまぁ、こんだけ至れり尽くせりの講習で参加費はまさかの3,500円! 保険に加入していない同伴者の方でも4,500円です。
正直ワインだけだったとしても安すぎます。その上でソムリエの講習と料理がついてこの値段ですから感動もひとしおってもんです。ちなみに探求コースは4,000円です。

なお予約のほうですが、既に一年分全てが埋まってます。速攻で全部埋まるらしいのでヤバいですね。まぁそうじゃないと日記に書かないですよね。というわけでワインに興味がある人はチェックしても良いんじゃあないでしょうか。
まぁ行けても来年だけどな!

寿司以外にも色々あって素晴らしいですね。僕は和食の古都里亭も好きですよ。

ついでに古い号ですが、このdancyuのワイン特集は結構面白かったんでおすすめです。

dancyu (ダンチュウ) 2014年 08月号 [雑誌]

dancyu (ダンチュウ) 2014年 08月号 [雑誌]

dancyuはオシャレな表紙と食いしん坊のハートをキャッチするフレーズ使いが非常にズルいですね。ズルいデザインですよこれは……

おしまい。